<   2013年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

桂島へ。(その2)

前の記事のつづきです。


今回ちょっと、というかかなり特別に、
船着場のそばに立つ、海苔の作業施設を見学させて頂きました。
収穫した海苔を洗って異物を除き、裁断して海苔の形にしていく機械がずらっと並んでいるところです。
上の写真は海苔を洗っているところ。私の身長位の高さの大きなタンクなので、
スマホをかざして撮りました。
ここからチョロっと取って味見させてもらったら、シャキシャキの食感、海の香りいっぱい!

a0053681_1344066.jpg


いくつかの機械を通って最後は建物一杯の巨大な機械へ海苔は流れて行きます。2時間45分で板海苔2万4千枚を作り上げるというすごい機械。ドロドロの海苔が流されて四角くスダレに置かれ、海苔が出来上がっていく様は圧巻でしたよ~。

説明してくださるおじさん、質問したら得意げに教えてくれてかわいかった(^^)


乾燥をかけて出来上がった海苔は人の手でまとめられ、箱詰めされていきます。
この作業が私は一番のツボでした。
キッチリと美しく帯を巻かれた海苔が箱に並んでいる様子が美しいのです。

a0053681_134565.jpg


今年は水温が高くて若干遅れているものの、美味しい海苔ができているようですよ。



最後は生産者さんのお宅でこたつを囲んで、
新商品の検討会とデザイナーさんとの打ち合わせ。
どんな事をやっているのか、どこまで書いていいのかな?
ちょっと良くわからないので改めて書かせて頂きますが、
生産者さんとそのご両親、
そして今回訪問した私たち5名、
こたつの上に並べた小さな器に入ったものを、
一つ一つ舐めては顔を見合わせたり首をかしげたり。
そして最後に全員目を見合わせ、こっくりと頷いた味が、
これから商品になります(笑)。

a0053681_1347369.jpg



私は「消費者」の一人としての立ち位置で自分が食べたい、買いたいと思うものを作っていきたいんです。
なので素朴な疑問は率直に聞く!
そして要望はきっちり伝える!
で、消費者には正しい情報を伝えていく!
という事を心にしっかり置かねばと思います。
海苔の生産者さんも、ちゃんと真面目に答えてくださってるんですよ~
本当にありがたいです。
いろんな情報は、ごはん会や何かの機会にできるだけ多くの方にシェアしていきますね。


みんなが喜ぶ商品ができあがりますように!
[PR]
by chocolat-chaud | 2013-11-30 13:49 | まいにち | Comments(0)

桂島へ。 (その1)

a0053681_22241736.jpg



私は「ごはん会」を運営する他に、
商品開発のお仕事も時々させて頂いています。
専門的な勉強はしたことがないのでほぼ素人です。

関わっている他の方々の迷惑にならないよう必要最低限の事は学んでいますが、
「消費者」としての立場から足を離さないで携わっていきたいと思っています。
だって、買う側が欲しい物を作って欲しいですものね~。

それに、もっとちゃんとした情報が消費者に届いて欲しいから、
生産者さんや業者さんにちゃんと質問して、答えをもらって、
要望はハッキリ話してお願いしたい。
そしてその情報や努力や姿勢を、消費者にしっかり伝えたい。
私はこの仕事では、そういう橋渡しになれると思っています。

幸せなことに、
一緒に関わっている方々は、商品に対する思いが一緒(と、私は思っている)。
だから安心して、妥協しないで作ってます。
可愛い子ども達に安心して食べさせられる商品を作りたいですものね。

開発過程も面白いエピソードが毎回満載なので、
ブログでちょこちょこ紹介させていただきますね。



さてこの土曜日に桂島に行ったのは、
海苔の生産者さんの6次産業化のご支援のためです。
海苔を使った新商品の打ち合わせと、作業場などの見学に来たのでした。

この日は天気がとっても良くてポカポカと暖かくて、船も揺れず最高の日。
もうほんとに気持ちよくて、桂島サイコーっ!て感じで(笑)。


震災でこの桂島にも津波が襲いました。
幸いにも島民は全員無事だったそうですが、外海に面した側から海が押し寄せ、沢山の家を押し流して行きました。
a0053681_22581719.jpg

なんとこの防風林のてっぺんにゴミが引っかかっていたということ。
この写真を撮った場所の後ろ側には山があり、その向こう、内海側の坂の家は無事。
なのでここから坂を上りきった反対側は、玄関先にソテツが植えてあるのどかな町並みが残っています。

余談ですがこの海ではハマグリ程のびっくりするくらい大きくておいしいアサリが沢山捕れたのに、津波はアサリごとさらって行ってしまったらしいです。
ちなみにそのアサリは今まで全て築地に運ばれていて、宮城県民の口には1こも入っていなかったらしいですよ~~。宮城県民見たことない、食べたことない秀逸食材が宮城にはまだまだ沢山あるらしい。。。


津波の爪痕は痛々しかったけれど、
波の音は心地よいし、通りすがりの人が皆「こんにちは~~」って挨拶してくれるし、
のどかでホントに良いところ。
いつか絶対子ども連れて行きたいです!


海苔を作る機械を見たり船を見たりした話に行く前に文章が長くなってしまいました・・・。
続きは次回(笑)。
[PR]
by chocolat-chaud | 2013-11-17 23:31 | まいにち | Comments(1)

2013クリスマスのごはん会

a0053681_2328151.jpg


毎年夏休みの間に、
「今年のクリスマスのごはん会は何しようかな?」と考えます。
クリスマスのごはん会は私にとっても特別なもの。
お世話になっている皆さんに感謝の気持ちを込めて、
ゆったりと過ごしてほしいと思っています。
クラフトタイムを設けるようになったのもそんな思いからです。

毎年お金もかからず簡単なものを探してはご紹介してきました。
それがなぜか、シュタイナー教育に繋がるものが多いことに振り返って初めて気づきました。
羊毛フェルトやトランスパレントスターなど・・・。
シュタイナー教育、勉強したわけでもなく意識もしてなかったのですが、
気持ちが落ち着く作業を探すと行き着いた、自然な方向なのかもしれませんね。


で、今年思いついたのは「蜜蝋キャンドル」。
以前蜜蝋のハニカムシートを巻くキャンドルは作ったことがあったのですが、
色々調べていくうちに、山形県朝日町にある「ハチ蜜の森キャンドル」さんで、
蜜蝋を粘土状にしてキャンドルを作る方法があることを知り、
ぜひそれをみんなと作りたい!と強く思いました。
そこで思い切ってアトリエを訪ねることに。。。



友人達と一緒に「ハチ蜜の森キャンドル」さんのアトリエを訪ねたのは秋の初めでした。
昔おじいさまが暮らしていたと言う家はもう、ジブリの世界そのもののような可愛さ、愛おしさでいっぱい。
中も廃校になった分校からもらってきたという教壇やら収納棚やらで、古いもの好き揃いの私たちはそれだけで完全にノックアウトだったのですが、
その上に、キャンドル職人として作品も作る安藤さん、本当に素敵な方で。
穏やかな方で森を愛し、蜂を愛し、自然と優しく共存しているんです。


蜜蝋の温かさにも癒され心ほどかれて、私たちはホワーンと温かい気持ちになって帰ってきたのでした。
それぞれが大切に持っている紙袋の中にはさっき手作りした蜜蝋キャンドルが。
いびつな出来上がりでも最後安藤さんの手によって命が吹き込まれたみたいに艶々になって。
私も帰宅してから早速キャンドルに火を灯して、1日の出来事にしあわせを感じる事ができました。


そういうわけで、今回のクラフトタイムは、蜜蝋粘土で作るキャンドル、お一人様2つ作成して頂きます。
今回のごはん会で作り方をレクチャーするのはこの私なので、
綺麗な仕上げもできないし安藤さんの器用な手さばきには及ばないのですが、
この蜜蝋キャンドル作りは参加者のみなさんの心に温かい火を灯せると思います。
安藤さんにはわがままを言って大量にキットを集めて頂きまして、
今日丁度到着したところです。
安藤さん、どうもありがとうございました!


キャンドル以外のメニューもご紹介しないといけませんね(笑)。
今回はボルシチをメインに作ろうと思います。
ボルシチなので他のメニューもロシア風で。
焼きピロシキはロシアの絵本「おだんごパン」のイメージで作りたいな、と思っています。


募集ですが、
既にご予約をたくさん頂いておりますが、
多少お席をブログ上で募集できそうです。
その前に!
私から連絡すると言ってまだ連絡できていない方がいらっしゃいますので連絡とれ次第になります(汗)。
いつも遅くてごめんなさい。
もし連絡もらってないぞー!という方がいらっしゃいましたら恐縮ですが催促おねがいします!
ブログ上での募集は今週中にしますね。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by chocolat-chaud | 2013-11-12 23:33 | ごはん会 | Comments(0)

秋のごはん会のご報告


秋のごはん会「乾物を使った秋ごはん」終了いたしました。
a0053681_17513487.jpg

父の字で「ちかへ」というメモをはさんだ骨董関係の雑誌の束をほどいて読んでいたら、
「乾物特集」と書いてある一冊を見つけました。
昆布だけ、海苔だけ、という写真なのに色も形も様々で美しくて。
でも使い方、よく分からないなあ~、と思ったところから私の中でこのメニューが決まりました。
乾物も多種あるし、使い道もさまざま。
今回はとりあえずマニアックに偏りすぎず(笑)、みんなが作りやすいものを選んでみました。

使った乾物は、切干大根、高野豆腐、餅麸、かんぴょう、仙台麩(油麸)。
出汁にはしいたけと昆布、味噌汁の実にはまつもやふのり、あおさを使いました。
みなさんよく使うものばかり。
でもごはん会では普通の使い方はしてません!笑

乾物は日本で長い間愛されてきた食材であり、健康に良く、大切に伝え続けていくべきものです。
日々の食事に活用できたらうれしいです。
ご参加頂きましたみなさま、どうもありがとうございました!


a0053681_1752479.jpg



おなじみの「おふじゃが」は、我が家定番の水無しレシピ。




a0053681_17551823.jpg


「大根一族サラダ」。今回の中で私の一番のお気に入り。
[PR]
by chocolat-chaud | 2013-11-02 18:03 | ごはん会 | Comments(2)


仙台在住。’作って、食べて、おしゃべり’を楽しむ料理サロン「紫山のごはん会」主宰。フードクリエイター。HP mgohankai.info


by chocolat-chaud

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
more...

Tasha
ensoleille
faveul
coudre
paprika(ナディハウス
のブログ)


お問い合わせメールは
mgohankai2002
(☆を@に)
☆yahoo.co.jp

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
Notre Jardin
ぼ~の*ぼの日記
wiwiの気まぐれ日記
La Famille M...
minaLife
     住宅街の小さな...
ふくよかさんがゆく
ma:tari)s cafe
NOYAU et cet...
イエノオト
ヒビコレコソダテ
東方瑞報
あ ら めぞん
Natural Kitc...
savi_savi おり...
ピロクマ舎 仙台でマクロ...
子連れでパン教室 ひだまり

カテゴリ

全体
すきなどうぐ
すきなみせ
すきなたべもの
すきなもの
たべたもの
まいにち
garden
ふゆのみせ。
ごはん会
MEP
イベント
東北日和
お知らせ
bread
あしたのたね
食育
山形
tasha workshop
畑菜や
東北関東大震災
sweets ・ おやつ
private lesson
テーマパーティー
Buisiness
未分類

最新のコメント

鍵コメOさん、こんにちは..
by chocolat-chaud at 13:24
こんにちわー★先生!塩釜..
by みつきち at 22:50
鍵コメOさん、こんにちは..
by chocolat-chaud at 14:19
Oさん、お返事遅くてすみ..
by chocolat-chaud at 20:57
Mさんコメントありがとう..
by chocolat-chaud at 11:06
Sさん、メールが見当たら..
by chocolat-chaud at 11:06
Mさん、Yさん、コメント..
by chocolat-chaud at 11:04
こんにちわ!!すっかりご..
by みつきち at 16:57
mo-ri-さん、こんに..
by chocolat-chaud at 17:57
今年は念願のごはん会に参..
by mo-ri- at 16:19

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
料理家

画像一覧