カテゴリ:東北関東大震災( 6 )

にこまるクッキー@石巻 そして 福幸の芽

a0053681_2158295.jpg


震災から4か月以上。やっと石巻に行くことができました。
津波の痕は痛々しい。
道路を運転していて、この道に何メートルもの高さの津波が来るなんて、
そう簡単に予想はつかなかったはず。
廃墟のようになった店舗のガラスに残った水の痕は高すぎて。


でも、それ以上にしっかりと足を踏ん張って復興を目指す石巻の人々の、
底力をとても強く感じるんです。
本当に明るくて温かいのです。
これから何度か石巻にお仕事で行けると思うのですが、
とても楽しみになっています。


その石巻で、先週とても楽しい時間を過ごしました。
なんと、テレビや雑誌などでとても人気の枝元なほみ先生が、
復興支援の「にこまるクッキー」を教えに来たのです!

枝元先生を呼んだのは、
石巻の駅裏でかわいいカフェをやっていた雑貨 茶ろん ももさん。
ももさんのカフェも津波に襲われ、ももさん自身も怖い体験をしたのですが、
その津波の勢いの数倍ありそうなパワーで復活作業中^^

にこまるクッキーを作ったのは石巻市中央公民館の調理室でした。
実はここは避難所になっていて、多くの方が寝泊りし、ボランティアが出入りしています。
なので参加応募者の他にもボランティアの方と避難者の方も一緒にクッキー作り。

私は避難している高齢のおばあちゃんとたくさんお話しできました。
91歳のおばあちゃんがね、クッキーを丁寧に丸めながら、
「私だ地震の後もお茶してたらよ、近所のじいさんにおごらったの(怒られたの)。津波くっがらにげろーって。この年でこんな腰なのに走ったさー」って教えてくれました。
生きててくれて良かった、ほんとに!

他にもボランティアの方や他の参加者の方、枝元先生のアシスタントの方ともたくさんお話しできて、
ほんとにほんとに楽しかった!
料理教室に「参加する」ことは私にとって貴重な体験なので、
たくさん勉強させてもらったし、
なんだろうなー、心が満たされるってこういうことなんだろうなーと思いました。
枝元先生、あらためてリスペクトです^^
私の「ごはん会」も、こんな満たされた気持ちで帰っていってもらえたらいいな。。。

この「にこまるクッキー」は、
復興支援ということで、被災者の方々がクッキーを作り、私たちが買う、ということで支援をしていく形になっています。場所などの関係で現在は需要は多いのに生産が追い付かないのだそうです。
石巻では「雑貨 茶ろん もも」を復活させてにこまるクッキーを販売していく予定とのこと!
私もどんな形でこのプロジェクトを応援できるかな、と考えています。
ぜひ「チームむかご」のHPを見てみてくださいね。




「雑貨 茶ろん もも」さんは、今もうひとつ復興にむけて頑張っていることが。

a0053681_13392845.jpg


それは 「福幸の芽」。

「むらさき山のごはん会」にもいつも参加してくれている石巻チーム、「薫陶土」さんと「cocodama」さんが作品を制作し、「雑貨茶ろんもも」さん、そして「pontic」さんがタッグを組んで石巻の復興を目指して制作しているものです。

そらまめ(?)から出たかわいい芽がとってもかわいいオブジェです。
メッセージを添えられるように柳生和紙のカード付き。
パッケージには、津波の瓦礫をイメージした石巻の新聞をパッキンがわりにして、
津波に破壊された後も芽を出し成長していく石巻の姿をイメージしたのだそうです。

先日テレビでも紹介され、問い合わせが増えたということで、
今から注文して到着は8月になるそうですが、
お部屋に飾ったりプレゼントしたり、
ぜひご活用くださいね!

ご注文はこちらまで → 福幸の芽
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-07-26 23:38 | 東北関東大震災 | Comments(2)

ラジオの思い出


a0053681_221427.jpg


残ったバゲットをいつも冷凍してあって、オニオングラタンスープやフレンチトーストを作ります。
染みこませすぎると崩れるし、足りないとパサパサするので丁度良い加減が必要なのです。






震災の時、同じ町内の知人宅の玄関先にいました。
自宅には長男と一緒に長男の友達が。
ガラスなどでケガをしたら大変!
とにかく家に帰らなくては!という一心で、
恐ろしい揺れの中、ハンドルを取られながらも猛スピードで帰宅した私。
後で「そういう時は揺れが収まるまでじっとしてるものよ!」と言われて初めてああそうか、と気づきましたが、それだけ冷静に判断できなかったのだと思います。
私が通って帰った道は後日見たら路面がひび割れてデコボコでした。
危なかった・・・・。


3月11日の夜は余震の続く中、私+子供達3人+隣人+犬1匹で、我が家の和室に布団を引いて眠りました。
ランタンの灯りとラジオの音で一晩過ごしたのですが、
その時聞いていたラジオの声が、私は忘れられません。
時々思い出してはうるうるきています。
変ですよね~?

多分NHKの、FMかAMかは息子が合わせたのでわからないのですが、
ひとりの男性のアナウンサーの方がほとんど休むことなくずっとお話しなさっていました。
その方の口調が、とても落ち着いていたんです。
緊急地震速報が何度も鳴ってはグラグラしていてもその口調は変わることがなく、
「仙台のこちらのスタジオでもゆれを感じています。みなさまどうぞおちついてください」
と、淡々と言うのです。
そして確か阪神大震災を経験したのだったか詳しいことは忘れてしまいましたが、
その阪神の時のご自身の経験をお話ししてくださったり、
暗い部屋で過ごしている人、外で暖房もない人、いろんな状況を気遣ってアドバイスしてくれたりして。
それを聞いているうちになんだかとても落ち着いて、
これを聞いている多くの人達それぞれが今がんばっているんだ、って
ひとりじゃないって、とても心強く思えたのでした。


その後数日間ラジオはかけたまま眠っていましたが、
電気が復旧してからはテレビに代わり、
普段ラジオを聴く習慣が無い私は、
それからはラジオのスイッチを入れていません。
でもラジオの声に励まされて過ごした数日間、
私にとっては忘れられない思い出のひとつになりました。
どなたかは存じませんが、どうもありがとう。。。




テレビで緊急地震速報が鳴ったりすると、
それまでにこやかに話していた女性アナウンサーがパッと真剣な顔になり、
「テーブルの下などで身を守ってください!」と叫んだりしますが、
あえて普通に話してはダメなのかな?と思ったりします。
だって見ているだけで焦ってしまうんだもの。
地震!って思っただけで具合が悪くなる方もいるのだから、
落ち着いて対処して頂きたいものです。


a0053681_2321624.jpg
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-05-05 23:21 | 東北関東大震災 | Comments(2)

震災から40日

今日は311と同じように、雪が降りました。
4月も後半で、桜が満開なのに、雪です。
洗ってしまおうと思っていたルームブーツを再び履き、
フリースを着こんでしまっています。



実は何度も何度もブログに記事を書き、
途中で悩んでは保存して、書き直しては悩み、
また保存して、を繰り返しています。

私自身、とくに恐怖を抱えているとか、
よく眠れないとか、そいういうことはないのですが、
話したいこと、たくさんありすぎて、文章が散漫になってしまう。
あー、普段から散漫ですが(笑)



泉区北西部のパークタウンでは、
普通にガソリンが買えるようになり、
いくつかのショッピングセンターも再開し、
物は少ないけれどスーパーで買い物も普通にできるようになりました。
ほとんど以前通り。
で、行動範囲を徐々に広げていくと、
あちこちに見つける被災状況。
道路が凹んでいたり、瓦が落ちていたり・・・。


今日は立ち入り禁止になっている小学校の体育館に荷物を取りに入らせてもらったのですが、
窓が枠ごと外れ、照明の枠がぶらさがり、天井の素材が崩れ落ちて真っ白になっている床は時が止まったようで、不思議な感覚でした。
帰ってから子供達にその話をしたら、少しさびしそうでした。
体育館、子供達はみんな好きなんですね。
被災した学校が1日でも早く復活し、
子供達の笑い声で溢れる事を願います。



早く戻ってほしいと思うけれど、
日常生活では戻って欲しくない面も正直少しあったりも・・・。
手間がかかることを不便と思わずできるのは、
便利だけを追求してきた私達の世代にとっては大きな進歩です。
店舗の照明も、節電で少し暗くしてあると、
思いやりを感じてホッとします。


このまま、優しさでつながっていたいと思うのです。
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-04-19 23:20 | 東北関東大震災 | Comments(8)

子供達の夏

子供達のスポーツが、宮城では今危機をむかえています。


うちの長男は小学校からスポーツ少年団で野球をし、中学でも野球部に所属していました。
チームはとても仲が良く、暑くても寒くても休むことなくグランドに通い、
体を動かすのを楽しんでいました。
今年から高校生になりますが、
野球を続けてきた中で深く思い出に残っているのが、
スポ少では6年生の1年間、
そして中学では3年生の中総体です。
小6と中3は主役となって試合で活躍できる最後の短い期間。
その時のために下の学年からみんな頑張っているのです。

でも今回の震災で、市内ではいくつもの学校のグランドが使用不可能な状態。
大会を開くたくさんの球場も施設が壊れ・・・。
野球ばかりではありません。
体育館が壊れた学校ではバレーボールやバスケット、卓球などの屋内スポーツができません。
あらゆるスポーツの大会などが行われるスーパーアリーナは遺体安置場に・・・。
今年はたくさんの大会が開催できないかもしれないのです。


一番つらいのは、中総体の開催が危ぶまれているということ。
中学生の部活は小学校のスポ少以上に思い入れが強いはず。
去年、先輩達の活躍を見て来年は自分が活躍したい!という強い思いを持って今まで練習してきているはずです。
もちろん親にとっても、子供達の活躍の場を見たいですものね。

そんな事言ってる場合じゃなく日々生きることで精一杯の人が沢山いるのに不謹慎な発言でしたらごめんなさい。
でも子供達の夢を消したくない。。。


先日、春の高校野球が開催されましたが、
開催するか否か、かなりの議論をしたのだそうです。
沢山議論をして、その結果、やるということになったのだそう。
東北高校は1回戦で敗退してしまったけれど、
最後までやり切ったその姿に私達は勇気を与えられました。
スポーツをすることで子供達は沢山の事を学びます。
そしてそれと同時に周りに希望や喜びや、思いやりの気持ちを、
たくさんたくさん、私達に与えてくれるのです。



グーグルマップで見る蒲生公園球場は波が洗って行った跡が生々しく、
私達が去年の秋座って応援した、まだ新しかったベンチもどこかに消えてしまったみたいだけれど、
いつかまたあの場所で、子供達が白球を追いながらキラキラと輝くことを、心から願ってやみません。
子供達が不安を抱くことなく、安心して遊び学べる環境に、1日も早くなりますように・・・。
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-04-06 19:51 | 東北関東大震災 | Comments(2)

救援物資


今日は小学校のPTA室で、学校で呼びかけて集まった救援物資の仕分けをしました。
うちの学校の場合、仕分け項目は集まった後に聞いたので、
本部役員で作業をすることになったのでした。

この項目がとにかく細かいんです。
子供の服は男女、アイテム(コート、ズボン、スカート、半袖シャツ、長袖シャツ、トレーナーetc)をそれぞれのサイズ、100センチ以下、100センチ以上は10センチ刻み、靴ももちろんサイズで分け、
大人の服は男女、アイテム別をサイズ分け・・・、
洋服関係だけでなんと140項目以上になるわけです。
女性の洋服は色んな形があって、どの項目に入るか全員で考え込むこともしばしば。
デザイン的にどっちに入るか微妙だったりして、
もしも「微妙」という項目があったら、これが一番量が多かったかも(笑)


そして、ここで文句を言ってもしょうがないのですが(笑)
指示された項目が難しかった。
男性の仕分け項目で分けにくかったもの → 「半袖シャツ」「長袖シャツ」という項目しかなく、TシャツとYシャツの区別や夏冬の区別がない。
女性の仕分け項目で分けにくかったもの → 「シャツ・ブラウス(薄手)」{シャツ・ブラウス(厚手)」という分け方で長袖・半袖の区別がない。「上着」という項目の中に薄手のジャケットとフリースが一緒

などなど、これらが既にナンバリングされているので変更しようがなく、もらう側はどう思うか疑問。納得しにくかった~!

確かにこれが分けられないまま避難所に行っても、確かに困るだけです。
確か阪神大震災の時に集まった洋服の山に困ったという話を聞いたことがあったし、何より被災者の方々が選びやすい事が物資の行き場がなくなるという事態を避ける事になるので、仕分けは重要だと思いました。
ただこれがもっと、家庭でしっかり仕分けしてあれば、ボランティアの手も他に回せるのにな、と思いました。全国的に統一された救援物資仕分けマニュアルがあればいいですね!とにかく個人個人に周知させる必要を感じました。

あとちょっと気になったのは、
シミだらけだったりヨレヨレで廃棄寸前だったりするもの!これは言語道断!
他にあまりにもセクシーなものや、80年代風の肩パッドバリバリのスーツなど、
自分がもらったと想像して嬉しいかどうかという基準を持って選んで頂ければと思いました。


そして自分ひとりで考えたら洋服のサイズはひとつなので、
分けるということがピンとこないのですが、
集まったものを仕分けすると、サイズもXS,S,M,L,LLとさまざま。
種類や季節に分けて袋などに入れ、わかる場所に大きく「男性 ズボン L」などと記入してあげるとわかりやすいと思います。



今日の仕分け、最後までやりきれず、明日は都合が悪く参加できないのでちょっと心残りです・・・。
実は私、先日別の場所に出した洋服類、仕分けされてなかったのでとても反省しているのです。
次にこういう事があったら(無いことを願いますが)、絶対細かく分けてあげようと思っています。





むらさき山のごはん会 特別企画 「Speak Out」
詳細はこちらです。
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-04-04 22:26 | 東北関東大震災 | Comments(3)

やっていること。


久しぶりにのぞむ屋さんが豆腐を売りに来てくれました!
機械などに被害はなく、プロパンガスだったのですぐにお豆腐も作れたそうで、
スーパーにものが無いのでお店は大行列だったそう。
ガソリンが手に入るようになったので、
やっとこちらまで来れるようになったとのこと。
ありがたいです。。。

電気や水が使えない時はイージーな食品にも頼りましたが、
ずっと食べてたら体に良くない!
しっかりと質を上げていきたいものです。


私はずっと、添加物とか農薬とかをなるべく排除する食生活を提案してきましたが、
放射線や放射性物質の排除を考えることになるなんて、
今まで全く想像したことがありませんでした。


日本の水は安心だと思っていたし、
日本の野菜は安全だと思っていました。
それが、普通ではなくなってしまったという事実。

資料を探しても、
「放射線を除去する方法」なんてどこにも見当たりません。
きっと、日本人にとっては初めての経験かもしれません。


いや、前にありました、チェルノブイリ。
まだ私がOLだった時代に、チェルノブイリの原発が爆発し、
数日後、東京に降る雨に放射性物質が含まれるから気をつけろ!雨にぬれるな!と言われ、
世界が終わってしまうような恐怖を感じたことがありました。
その時に「ヨードを沢山摂取するといい」と聞いて毎日海苔を食べていたっけ。

でも今回は国内で起きています。
福島の原発では多くの人が命をかけて原発の暴走を食い止めようとして下さっていますが、
今だ収束は見えない状況。
宮城は隣県です。かやの外ではありません。
でも我が家は逃げることはできません。
私達はここで暮らしていくのです。

だから自分で家族の身を守るため、
わからない事を色々調べてみました。
いろんな意見があって、調べれば調べるほどわからなくなりますが・・・。

現時点で、私が得た結論は、
「免疫力をとにかく上げよう!」という事です。
すみません短絡的かしら・・・。

被爆した人の中でも体調に異常が出るのは個人差がある、と聞いたのです。
それなら、体を侵される以上に自己免疫力で回復させたらいいんじゃないか?と。

以下、放射線から家族を守るために私が今やっていること。

放射性物質から身を守る事として、
・風向きに気をつける。(天気予報をまめにチェック)
・雨には当たらない。
・放射性物質がつきにくい上着を着て肌をなるべく露出させず、帽子をかぶり、マスクをかける。
内部被爆を予防するために、
・水道水は水道局の検査結果をチェックし、値が高い数日は飲まない。料理にも使わない。
・野菜は外葉を除く、皮をむくなどする。
・海草(特に昆布)を食べる。
・梅干を食べる(陰陽でいうと放射線は極陰にあたるので陽性で中和する)
免疫力を上げるために
・繊維質を多く摂って排泄を促す
・昔ながらの素食を中心に、イージーな食品は避ける。
・素材を吟味して手作りする。
・国内が危険だからと海外の食糧に手を出さないこと(後日説明します)
・市販の菓子やペットボトル飲料を控える。
・ポジティブな発想を持つ。
・大笑いする。楽しむ!


なにもそこまで神経質に、と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
逆にそれしかしてないの?と思う方もいらっしゃるかも。
でもこれが今の私にできる精一杯。
もうこれ以上ないってとこまでやればあと後悔はないよ!
あとはもう、怖がって毎日を過ごしてもしょうがない。
充実した楽しい毎日をたくさん笑って過ごすのが大切。



言いたい事がたくさんありすぎて、まとまらなくて、
この記事ももう何度も何度も書き直しています。
少しずつ区切りながら、伝えたいと思います。






私個人の考えとしては政府の「問題ありません」という言葉を鵜呑みにはできなくて。
テレビの報道も、海外からのニュースやネット上で知る事実との間にあまりにも大きな違いがあるので、
結局これからの時代は、自分から情報を積極的に収集し選択していかないといけないものだと確信しました。
自ら決め、自ら変えて行く時代になったように思うのです。
多分この記事を読んで下さっている皆様はネットを活用なさっていると思いますので、
ぜひ積極的に正しい情報を選んで、そして積極的に生活に反映させてください。

なので自分なりに考えた1意見としてこれを書いています。私が正しいという事ではなく、あくまでも1例として読んでいただきたいと思います。
[PR]
by chocolat-chaud | 2011-04-02 16:55 | 東北関東大震災 | Comments(6)


仙台在住。’作って、食べて、おしゃべり’を楽しむ料理サロン「紫山のごはん会」主宰。フードクリエイター。HP mgohankai.info


by chocolat-chaud

プロフィールを見る
画像一覧

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
more...

Tasha
ensoleille
faveul
coudre
paprika(ナディハウス
のブログ)


お問い合わせメールは
mgohankai2002
(☆を@に)
☆yahoo.co.jp

フォロー中のブログ

ばーさんがじーさんに作る食卓
Notre Jardin
ぼ~の*ぼの日記
wiwiの気まぐれ日記
La Famille M...
minaLife
     住宅街の小さな...
ふくよかさんがゆく
ma:tari)s cafe
NOYAU et cet...
イエノオト
ヒビコレコソダテ
東方瑞報
あ ら めぞん
Natural Kitc...
savi_savi おり...
ピロクマ舎 仙台でマクロ...
子連れでパン教室 ひだまり

カテゴリ

全体
すきなどうぐ
すきなみせ
すきなたべもの
すきなもの
たべたもの
まいにち
garden
ふゆのみせ。
ごはん会
MEP
イベント
東北日和
お知らせ
bread
あしたのたね
食育
山形
tasha workshop
畑菜や
東北関東大震災
sweets ・ おやつ
private lesson
テーマパーティー
Buisiness
未分類

最新のコメント

鍵コメOさん、こんにちは..
by chocolat-chaud at 13:24
こんにちわー★先生!塩釜..
by みつきち at 22:50
鍵コメOさん、こんにちは..
by chocolat-chaud at 14:19
Oさん、お返事遅くてすみ..
by chocolat-chaud at 20:57
Mさんコメントありがとう..
by chocolat-chaud at 11:06
Sさん、メールが見当たら..
by chocolat-chaud at 11:06
Mさん、Yさん、コメント..
by chocolat-chaud at 11:04
こんにちわ!!すっかりご..
by みつきち at 16:57
mo-ri-さん、こんに..
by chocolat-chaud at 17:57
今年は念願のごはん会に参..
by mo-ri- at 16:19

ブログパーツ

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

おうちごはん
料理家

画像一覧